本日のおりさん携帯電話やトイデジカメやデジタル一眼で撮った写真を中心に
あまり気合いを入れすぎずに
チンタラ続けていきたいと思います。

お粗末ではありますが、おつき合いいただければうれしく思います

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
本日のスマイルさん 00:21

日曜日に京都まで足をのばして京都まで行き、東山五条のスマイルバーガーを食べてきました


それから滋賀県草津市のしが県民芸術創造館ホールへ
「〜話芸を楽しむ〜 上方落語競演会」を見に行ってきました

演目
 「時うどん」    桂吉の丞
 「野ざらし」    桂まん我
 「稽古屋」     月亭八方
 「肝つぶし」    桂ざこば
  (中入)
 「親子酒」     桂雀三郎
 「三十石」     笑福亭松之助


スマイルバーガーは以前知人と食べに来ておいしかったのでもう一度食べたくなって来てみました。
その時の山科の店は今は無くなっていて、清水寺あたりの東山通り沿いの店にきました。
後の予定の時間(草津で落語)もあったのでテイクアウトして車の中で食べようかと考えていたのですが、思ったより時間が余りそうだったので店内で食べることにしました。

お店の人と、バイクや車の話で盛り上がりつつ、京都の町並みを眺めながらガッツリとハンバーガーを食べました。



まだもう少し時間があったので、京都市街と山科の間の東山ドライブウェイを走ってみました。
昔京都に住んでいたのですが、バイクしか持っていなくて二輪通行禁止のこの道は今回が初めてです。

山頂の将軍塚の駐車場には猫がいっぱいいます


捨て猫なのでしょうか?ちょっと悲しいような気がします。




京都を後に、この日のメインイベント、滋賀県草津市へ落語を見に行きました。
数日前、某コンビニのチケットで「売り切れ」と出ていたので、ダメ元で会場に電話してみたら
一番後ろの席があるとのこと。会場の受付で用意されていたチケットを買って開演を待つ。




吉の丞さんの「時うどん」はうどんの勘定を一文ごまかした奴を陰から見ていた頼んない奴が翌日同じように‥ってなバージョン。
このパターンは東京の「時そば」では聞いたことがありますが、上方の「時うどん」では初めて聞いたかも。
まん我さんの「野ざらし」は一年ぶりに見ました。また何度でも(できればサゲまでたっぷり)聴いて見たいな。
不思議な雰囲気の落語をよくされる方で、自分と同い年なので応援していきたいと思います。
八方さんは生で見るのは初めてです。「婚活」とか今の言葉を盛り込んだり、膝付きの金額が現代の金銭感覚だったり、今の時代の噺家さんやなあという気がしました。
噺の中に「阪神」を盛り込むあたり八方さんやなぁ。
ざこばさんはおなじみ(?)の嫁はんのぼやき「手ぇすべってん!」の枕で会場を沸かす。
破天荒な落語をちょっと期待したりするが、意外と(失礼!)いつもきっちりとした人情噺をすることが多いような。今回もそうでした。
中入り後 雀三郎さん。この方も生では初めてです。「親子酒」 先日発売された師匠の枝雀さんのCD付き雑誌にも収録されていました。
雀三郎さんの味も入れつつ噺の根っこのところに枝雀さんが生きているなあって思えたりしつつ大笑いでした。
トリは笑福亭松之助御年85歳と6ヶ月(!!) 
「自分の歳言うてこんなに拍手もらえるんやったら落語せんと年齢だけ言うてよか」と言いつつ大ネタ「三十石」へ。
明治ごろまで大阪と京都の間をひと晩かけて行き来していた三十石船の旅のお噺。他の人の「三十石」はCDで何度か聴いたけど生の「三十石」は初めて。
お女中とののろけ(っていうか妄想?)の場面での松之助さんの嬉しそうな顔がなんともいえない。
船が出て船頭の舟歌の場面が進んで終わりに近づくと、もっと聴いていたいような気がした。
夜行列車に乗っていて終着駅に近づいた時のもっと乗って景色を眺めていたい感じかもしれない。

終わってしばらく余韻にひたりながら帰路につきました。「旅人は皆、夢の中」


| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by おりさん -
スポンサーサイト 00:21
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://orisan.jugem.jp/trackback/115
<< NEW | TOP | OLD>>