本日のおりさん携帯電話やトイデジカメやデジタル一眼で撮った写真を中心に
あまり気合いを入れすぎずに
チンタラ続けていきたいと思います。

お粗末ではありますが、おつき合いいただければうれしく思います

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
本日のエチオピアの煙突掃除さん 13:57
我が家の風呂は、今でも下から薪を焚いて湧かせるようになっています。
とはいえ、屋根の上に置いた太陽熱温水器や深夜電力を使った温水器も併用しているのであまり使いません。
それでも冬の間は風呂の湯が冷めにくいので、間伐材や台風で倒れた木などで焚いています。

ところがこのあいだ焚いたところ、焚き口からやたらと煙が逆流してきたので、今朝から煙突掃除をしてみました。


屋根にのぼり、煙突の上の笠を外して長ぁ〜い竹をつっこんでコチョコチョとほじくってみます。


煙突自体はそれほど詰まってはいませんでしたが、煙突の下の煤取り口がヤニで固まっていました。
金づちとマイナスの貫通ドライバーを使ってこじ開けると大量の煤が面白いくらい出てきました。

ところでタイトルの「エチオピアの煙突掃除」ですが、悪気があって付けたタイトルではございません。
「上方落語界の笠智衆」こと桂文團治系最後の継承者でもある故 桂文紅さんが
落語のマクラでご自身の風貌をして「エチオピアの煙突掃除みたいな男」と言っていたのを頂いたものであります。



 まあ、煙突掃除以外何の関係もないけど。
| 本日の日記さん | comments(1) | trackbacks(0) | posted by おりさん -
スポンサーサイト 13:57
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








煙突掃除お疲れ様です。
便利になった世の中では薪で炊いた風呂は逆に味があってイイですね。
まあ、毎日炊くとなると大変な重労働だとは思いますがw
posted by ぷろぱがんだむ | 2010/01/24 9:04 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://orisan.jugem.jp/trackback/104
<< NEW | TOP | OLD>>